ヨクイニンははと麦の抽出エキスでウイルス性のいぼそして肌荒れに効果がある医薬品です。

しかしヨクイニンを飲んでもすぐにいぼが取れなくて効果がないという声は意外と多いです。

img984

なぜ効かないのか3つの原因を考えていきます。

ヨクイニンの効果が出ない3つの原因

その1.取れるまでに時間がかかっている

いぼが頑固でいぼが取れるまでに時間がかかっていることが考えられます。

ヨクイニン錠の添付文書などを見てみると1か月服用して効果がなければ病院に相談してくださいなどと書いてありますが、一か月でとれる人ばかりではありません。

その人にいぼがどのぐらいあったか、例えば1年前にできたイボと10年前からあるいぼでは頑固さが違います。10年以上もあるいぼであれば当然時間もかかります。

ですが、ヨクイニンを飲み始めて4か月から6か月経てば何らかの変化は出てきます。

例えば根元が柔らかくなったり、押した時の痛みが減ったりなど全く変化がない場合はヨクイニンで取れないいぼかもしれませんが、少しでも変化がある場合はだんだんと肌が正常になって入っている証拠ですので、続ければ効果が出る可能性がとても高いです。

その2.飲み方が間違っている

ヨクイニンが効かない時に考えられる2つ目の原因は飲み方が間違っているということです。

飲むタイミング

ヨクイニンなどの漢方薬は食事と食事の間に飲まないといけません。そうしないと吸収力が高まる薬の効果が弱くなってしまいます。

ですが、食事と食事の間に飲むのは結構面倒でついつい食べた後に飲んでしまったりしてしまいます。そうすると職員の吸収率が下がって効果が弱くなってしまいます。

効果的に飲むためには食事と食事の間に飲むようにしましょう。

まとめ飲みをしない

もうひとつ大切なことは漢方薬は1日3回に分けて飲まないといけないこと。面倒だからといって夜に全部まとめて飲んだりすると効果が弱くなってしまいます。

その3.砂糖やアルコールの量を減らしていない

漢方薬は身体全体に働きかけて自然治癒力を上げたり、体の歪みを正していく働きをして効果を発揮します。

その時にお酒を飲み過ぎたり砂糖を取りすぎたりすると、そんな体のバランスが崩れて効果が出なくなってしまいます。

ですので、漢方薬を飲んでいる時はアルコールの量そして砂糖お菓子屋清涼飲料水などを取りすぎるのはやめないといけません。