img1796

皮膚にできるウイルス性のイボは二つの種類があります。

一つは水イボといわれている伝染性軟属腫というウイルスが感染して起こるものもう一つはヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルス)というウイルスが感染することで起こる異常です。

水いぼ

水いぼは伝染性軟属腫といわれていますが、子供の病気でプールでよく観戦します。
全身のどこにでもでき特に脇の下にできます。

皮膚に半球状に盛り上がった丘疹で、大きさは大豆の大きさくらいまでのものが多いです。
中央が少しくぼんでいて表面に光沢があってテカテカとしています。

放っておくとそのまま治ることもありますが、できれば皮膚科などに行ってピンセットで切除してもらうなど治療した方が良いものです。

ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルス)によるイボ

一般的には尋常性疣贅・イボといわれていますが、手の指や爪の周り手のひら、膝頭、膝の裏などによくできる丘疹です。

大きさは麦ぐらいからエンドウ豆ぐらいの大きさで、半球状に盛り上がっています。
表面が赤くてザラザラとしていて色は白色調のものが多いです。

ヒト乳頭腫ウイルス2型の皮膚感染が原因で起こることが多い、皮膚表面にある小さな傷からウイルスが入り込むからとされています。

一つだけできることもありますが、たくさんできることも多く痛みやかゆみなどはないことが多いです。

顔の皮膚や頸部にできるイボには直径3ミリで先にとがった突起を持っているイボがあり糸状疣贅といわれています。

治療方法

先端を細くした綿棒に液体窒素を含ませて、5秒から10秒以上につけて溶かす方法があります。この方法は皮膚を凍らせるので少し痛みがあります。

溶けた後に水泡ができることがありますが、しばらくするとかさぶたになって治ります。

一回の治療で治ることもありますが、だいたいは1-2週間の間隔で何回か行っていきます。

飲み薬による治療

抗がん剤のブレオマイシン剤をイボに注射する方法もあります。
注射する時痛みがあります。
一回で治るわけではなく1-2週間に1回程度何回か繰り返します。
イボが黒くなってその後治ります。

塗り薬による治療

抗がん剤5Fu軟膏やブレオマイシン軟膏をイボに塗ってそのうえを料理用ラップで覆って治す方法もあります。

この方法は痛みなどがないというメリットがありますが、効果が緩やかなので治るまでに時間がかかります。

それ以外の方法塗るとかぶれを起こす化学物質をイボに塗って治す方法もあります。
塗っている間痒くなりますが、たくさんできているイボなかなか治らないイボに効果がある場合があります。

ヨクイニンは効くのか

水イボと普通のイボどちらもウイルス性のイボですが、ヨクイニンは効くのでしょうか。

ヨクイニンはウイルス性イボには効きます。ですのでどちらも治すことができます。
ただし紫外線が原因で起きたいぼ、皮膚の摩擦や擦れで出来たイボには効果がありませんので注意が必要です。